息子の行動範囲が広くなりました

生後半年になり息子の行動範囲が広くなりました。

生後半年になって動き廻るようになったのはいいのですが、相変わらず寝るのが下手で、一人では寝れません。寝る時は嫁が添い寝して授乳しながら寝ます。夜は寝てくれますが、昼寝は好きではないのか、30分程寝ればいい方です。

成長が早く掴まり立ちも始め、筋肉も発達してハイハイで進むようになり、保育園からも目が離せなく大変ですと言われてます。

息子のハイハイは足が着いていってなく、腕の力で前に進んでおり、ぎこちないハイハイです。

今では手に取る物全てが遊び道具になってます。扇風機が好きで扇風機によく行きます。幸い扇風機は手に触れると電源が消えるようになっており、手を突っ込んでケガする心配はありませんが、倒してケガしないかが心配です。

コードで遊ぶ事も好きで、コードを取り、引っ張ったり口に銜えたりします。

居間のテーブルに掴まり立ちをしてバンバン叩いて遊んだり、テーブルに置いている物を掴んで遊んだりします。なるべく手の届かないようにはしていますが、伝い歩きもする為万全ではありません。対策としてはテーブルに物を置かない事がいいのですが、そうすると不都合な事が多くなかなか出来ないのが現状です。

寝る際はダブルベッドの布団で息子を挟んで川の字で寝ています。

息子は朝の5時半から6時半の間で起きます。泣いているだけなら、私は気づかず寝ていますが、最近ではよく足を動かし、方向転換もできます。そして足をバタバタ動かし蹴り起こされてしまいます。

仕事で朝早く起きなければいけない時はいいのですが、仕事が休みでゆっくり寝ていたい時でもおかまいなく早やくから蹴り起こされます。

これまでの子育ても大変でしたが、これからさらに大変になっていきます。


スポンサードリンク