2歳の誕生日はアンパンマンミュージアムに行きました。

今年2018年2月17日に息子が2歳になり、この日は福岡のアンパンマンミュージアムに行きました。普段TVでアンパンマンは見ないのだが、キャラクターとして知っているため出かけました。

所在地は福岡県福岡市博多区下川端町3番1号博多リバレインモール5,6F

朝の9時半前には到着。1Fで先着順に並び、4組目ぐらいだった。9時30分になる係員がエレベーターで案内してくれて、会場のチケット売り場の前でまた順番通りに並ぶ。

開園前にはアンパンマンとチーズとレアチーズがお出迎え。近くにチーズとレアチーズが来て、息子はそれを見ると怖かったのか泣いてしまった。抱っこして近づけると逃げるように動く。

アンパンマンたちの出迎え挨拶が終わり入園。入場料は1歳以降1500円。

少し進むとスタッフが入場者1組ずつ記念写真を撮っていて、その写真を1250円で販売しています。強制購入でなく、あくまでも欲しければ購入で購入しないのであれば買う必要はありません。帰るまでに購入するか、しないかを決めればいいです。

家らは購入しなかった。というよりも途中からすっかり忘れていた。

このミュージアムでは毎日お誕生会(先着50名。1日2回)をしていて、誕生日の子供たちには、紙製の王冠とお誕生会参加券を貰えます。(施設内のインフォメーションに申請する必要あり)お誕生会に参加する為には王冠と参加券は必ず必要。

アンパンマンミュージアム。その名の通り、アンパンマンだらけ。息子はアンパンマンの置物やらお店のセットを見て、はしゃいでる。

トリックアートやミニチュアのジオラマなどあります。

ここでは時間帯によって至る所でイベントをやっていて、10時30分にはパン工場の丘でジャムおじさんとバタコさんがちびっこたちと体操をしていました。

ジャムおじさんとバタコさんのイベントが終わって、近くにアンパンマン号があり、息子はそれが気に入ったのか中でハンドル遊びに夢中。

子供の城でも車のハンドル遊びが好きな息子はここでも夢中にはしゃぐ。順番待ちがあるのである程度遊ぶと強制的に止めさせないと永遠に遊ぶ。勿論強制に止めさせると大泣きするが、他の子供達もいるのでやむを得ない。

すこし散策してフードコートへ。少し早めのお昼ご飯でうどんを食べた。ここのうどん屋さんのお子様うどんの丼はなんとお持ち帰りが出来るみたい。うどんだけではなくソフトクリームのカップも持ち帰れます。

持ち帰った丼とカップ

ミュージアム内のフードはキャラクターの顔をしたパンやおにぎりなど様々な物がある。

お昼ご飯を食べた後、時間的にクリームパンダとふれあいタイムになるのだが、やはり怖いのか近づこうとはしない。この調子ではお誕生会でアンパンマンとの写真は撮れるのか心配になってきた。

しかたがないので、滑り台に行ったが、滑る所までは行くのだが、滑らず来た道を戻って来る息子。

隣にボール遊びや砂場で遊び、13時のやなせたかし劇場でおねえさんとアンパンマンたちのステージを見て、お誕生会の場所へ。

お誕生会はみみ先生の学校で14時から。13時50分には集合で王冠とお誕生会参加券が必須。

お誕生会は先着50人の参加。アンパンマンとお姉さんがお祝いしてくれます。

1組ずつアンパンマンと写真を撮っていきます。自分たちは6番目ぐらいでした。
アンパンマンに近づき泣かないか心配だったけど、息子が前の子たちを見ていて危害がないと理解したのか、泣かずに近づき、また王冠を被るのもイヤイヤしていたのにこの時だけはちゃんと被ってくれた。そして写真撮影も無事終了。

これで着ぐるみにも少しは慣れてくれたかな?

お誕生会が終わり、施設内のキッチンという店にバースデーパック(600円)があり、食後お店のスタッフがアンパンマンのぬいぐるみと玩具のケーキで写真を撮るサービスがあります。


ケーキを食べた後、記念写真を撮ってもらい、帰宅しました。

息子よ2歳の誕生日おめでとう。


スポンサードリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です