育自休暇

スポンサーリンク

今年2016年のトレンドワードとして「育自休暇」が挙げられてます。

この言葉はリクルートホールディングスの「ケイコとマナブ」を展開する社会人学習領域から発表されています。

育自休暇とは育児休暇中に自分のスキルを磨いたり資格を取得したりと復職した後のキャリアアップを目指すものです。働く女性にとってブランクになりがちな育児休暇期間を「ブラッシュアップ」期間として考えられています。

現在の女性の平均初産年齢が30.6歳、30~34歳での出産が全体の35.8%を占め最も多いです。

30歳というと仕事で頑張れば出世もできます。ですが結婚して出産し子育てするという事になると、出世コースから外れてしまうという「マミートラック」があります。

働く女性にとっては子育てにより仕事が無くなってしまうという事からこの育自休暇が進んでいくと考えられている模様。

一般的に取得されている資格
・ファイナンシャルプランナー ・ケアマネージャー ・英語 ・簿記等々

コメント

タイトルとURLをコピーしました