助産師より指導を受けました

スポンサーリンク

私は長崎県雲仙市在住で子育てをしています。雲仙市では子供が生まれると各家庭に助産師が訪問してアドバイスなどしてくれます。また、この助産師はTV等のメディアでも紹介されており、私たち夫婦も11月のパパママ学級でもお世話になった方です。

始めは母親の身体に異常がないか確認して、母乳の検査へ。私が心配していたことだが、母乳はよく出ているとの事で心配はなくなりました。

その後体重測定。重さは4444gと4のぞろ目。西洋では不吉な数字だが、ここではポジティブに幸せがいっぱいと捉えることにしました。

助産師に色々と聞いて、教わりました。


スポンサードリンク




2、3日前より息子が泣いていると、母が「喉の乾いてるから湯冷ましを飲ませろ」とうるさかったのですが、母自身が湯冷ましのことを聞いてました。

湯冷ましに関しては飲ませるか、飲ませないかは意見がよく別れている問題で、私たち夫婦は飲ませず母乳派で、母は飲ませて育てていたので飲ませる派でした。

助産師も今と昔では考え方が変わってきているので、無理に飲ませることはないと言っておりましたが、母も納得してくれただろうか?とりあえず湯冷ましは飲ませず母乳を飲ませていく方向でいくことにします。

湯冷ましに関しては無理に飲ませる、飲ませないということはないので、人それぞれである。

ネットでは離乳食を始める一ヶ月前からスムーズに食べれるよう湯冷ましを飲ませるということが書かれていて、そのことについて聞きましたが、これもまぁ飲ませるかは人それぞれです。

離乳食を食べ始めて、食べない場合は湯冷ましで味を薄めて食べさせてくださいとのことでした。

家では食生活が悪いので、どういうものを食べれば母乳にいいのかなど聞きました。

母乳にいいのは、お刺身や酢の物、味が薄いものがいいと言っていました。
逆に母乳に悪いのは、油もの、甘いものや刺激物が悪いとのこと。

特にケーキやクリームといったものは母乳によくないとのこと。甘いものは食べたくなってくるので、食べるのであれば和菓子がいいといっていました。

その他に予防接種のことや小児科検診など色々お話しをしました。


スポンサードリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました