節分の日に保育園で歌の発表

スポンサーリンク

先日2月3日の節分の日に保育園で歌の発表会があり、年少~年長まで元気いっぱいに子供達が歌っていた。午後の15時から1時間ほどで終了。

うちの子は1歳(もうすぐ2歳)。ステージに上がると月例順に並ぶのだが、何故か真ん中に来ている。目立ちたがり屋か?

歌う前にピアノの音に合わせてお辞儀。しかも他の子よりも深々と頭を下げている。

手や腕を動かしながら皆で「鬼のパンツ」を歌いました。

全ての子供たちの歌が終わると豆まき。お父さんたちが鬼のお面を被ってピーナツやらチョコレートといったお菓子を投げて、それを子供達が楽しそうに拾っていた。

豆まきが終わって終了である。

うちの子は鬼のお面を見せると、怖いのか何故か大泣きしてしまう。他の1歳児にもお面を見せて怖くないのか聞くと、「怖いけど~」と泣くまではなかった。

改めて息子に見せるとやっぱり大泣き。もうすぐ2歳だと言うのに。来年までこの調子だと困るぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました