諦めずやれば出来る

スポンサーリンク

息子の日頃の過ごし方は保育園から帰ってくると、まだお遊戯会モードが抜けておらず、お遊戯会の踊りをやってる。

息子達がしたものではなく、上のクラスのお兄ちゃん、お姉ちゃんの踊りをやってます。

踊りに飽きると次はパズルなどで遊びます。

先日、いつの間にか家にこんなパズルがあった。嫁が買ってきたんだな。

昔からある絵本、からすのパン屋さんのパズル。

色々な形があり、大人がしても少々面倒くさいものだ。おそらく5歳以上向けのパズルだろう。

息子はまだ3歳前。まだ難しいだろうと思いつつもさせると、「これは何処?」と聞いて、アドバイスしながらやっていたが、途中で諦めて「お父さんして」と言ってこっちに渡したり、ピースを投げ出していた。

まぁこうなるだろうと予測はしていたが。

それから4日程経っただろうか、自分で出来るようになっていた。いつもの様に「これは何処?」と聞きながらやるも、自分でハマる場所にハメていた。

所々口は出していたが、手は一切出さなかったが、きちんと自分で完成させたのである。

「このパズル覚えた?」と聞くと「覚えた」と返してくれた。

念のためもう1度させてみると、している時は集中しているみたいだ。少しは集中力がついてきたかな。

わずか5,6分程で再び完成させたのである。始めは途中で諦めていたが、やっている内に完成させられるものである。

これも1つの成功経験になったかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました