いつか現実になりそうな夢。小学校合併。

スポンサーリンク

先日昼寝をしているとある夢を見た。夢は寝ている時には必ず見るものだが、起きると普通に忘れているものである。

しかし今回はハッキリと覚えている。しかも、いつかは現実になりそうな夢を。

私は長崎の雲仙市という地方の田舎に住んでいる。住んでいる町には小学校が3つ、中学校が1つある町である。

そして見た夢は3つの小学校が1つになった夢だ。

夢の内容は実際の息子は2歳11ヶ月で、夢の中では小学5年生くらいになっていた。雨が降っていて結構な土砂降り。息子が歩いて学校には行けないので送って行く事に。

本来の小学校は家から少し下った所にあり、歩いても10分以内には着く。だけど夢では小学校方面ではなく、なぜか中学校方面へ向かっていた。

中学校の隣にはパジャマ工場があるのだが、それが無くなり新しくできたような小学校があった。

学校に着き、息子にしっかり勉強したり、友達と仲良くするように言い、息子も言われなくても分かってるよって感じでたわいもない会話をして見送り、家に帰ってる際にナレーションみたいな音声が流れてきた。

時は20何十年(この辺は曖昧)少子化によりこの町の3つあった小学校は廃校になり1つにまとめられ○○小学校(○○は町の名前)になった。家が近い者は歩きで、遠い者にはスクールバスが通っていた。みたいな感じで。

ここで目が覚めた。この夢は仮に息子が小学生ではなく大人になった後でもいつかは現実になりそうな予感する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました