英語力が高いと1教科で難関大学に入れる!?

スポンサーリンク

英語は大学受験で最も重要な科目です。文系理系とともに配点が高い傾向にあり、最近は入試制度の多様化で、英語1教科または英語を含む2教科で受験できる大学が増えてきています。

1教科入試は、英語以外にほとんどありません。英語力が高ければ、多様な選択肢があると言えます。

例えば青山学院大学の文学部英語米文学科、国際教養大学は英語1教科のみで受験可能。国際基督教大学は英語と総合教養科目で、慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部なら英語と小論文のみで受験できる。

3教科型の市立大入試でも、英語ができる人に有利な制度が増えています。

こうした背景には、大学が教育・研究力や国際性を高めるために、高い英語力を持った学生を求めている事があるそうです。

英語が出来る人材は、研究の世界でも、就職面でも即戦力として活躍できます。そうした学生を獲得すべく、慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部や早稲田大学政治経済学部などには、4年間の授業を英語で行うコースがあります。海外の有名教授を招いて講義を行うなど、手厚いサポートが受けられます。

今後は大学入学共通テストでも英語の4技能試験(読む、聞く、書く、話す)が導入される予定で、入試での英語の重要性が増していくと見られます。

今までの読解中心の試験なら短期間の暗記で乗り切れたかもしれませんが、4技能の習得には時間がかかる為、以前のような付け焼き刃の学習方法は通用しません。大学受験を見据えて、時間をかけて英語の学習に取り組む必要があります。

準備次第で誰でもトップレベルに!?

大学受験で有利な英語力を身に付けるために、小学生時代と中高時代とで重視したいことは次の通り。

小学生の内は音楽を聴いたり、学校で習った短いフレーズをマネしたりして、聞く力と話す力の下地を作っておきましょう。

中学入学後は、4技能をまんべんなく育てていくのがいいそうだ。中学以降は文法と読解力が重要になってきます。特に難関大学を狙うのであれば、入試で出題される英文の内容も難しいため、まずは日本語の読書量を増やして、知識や教養を深めていく必要があります。

英語学習は早期スタートが重要です。

高2の終わりまでに4技能資格試験で入試に必要なスコアを取得するつもりで学習をしておけば、高3は4技能資格試験対策や他教科の学習に時間を割けます。

今や進学も就職も英語力が人生の勝負を分ける。我が子の英語力を伸ばす為に家庭で出来る身近な努力から初めてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました