豪雨、台風等の災害に備えよう

暮らし
スポンサーリンク

豪雨や台風等の災害が起こると避難、逃げる場所を決めておく事が大事。

しかし1度決めたからと言って、それでいいとは限らず、繰り返し見直す事も大事です。

ポイント1 ハザードマップの確認
浸水が起こるとすると何メートルあるか、家から避難する必要があるか確認。

ポイント2 家庭の状況をチェック
避難に支援が必要な人が居るか。もし支援が必要な人が居たら、避難行動を変える必要もあります。その為家庭状況の変化も大切なポイントです。

ポイント3 避難先のチェック
災害レベルによっては避難所も危険な場合もある

避難行動のシュミレーション
災害発生までの時系列で避難行動を考えます。テレビで避難指示が出たら避難するのでなく避難勧告が出た時点で避難をするのが一般論です。

避難指示は避難勧告よりレベルが高いので勧告時に避難するべきだと考えます。また川の近くで危険性が高いようなら更に早いタイミングでもいいですし、危ないなと思ったら何らかの行動を起こす事も大事です。

警戒レベル4 避難指示(緊急) 避難勧告 危険な場所から避難する。

高齢者など避難に時間の掛かる場合は警戒レベル3 避難準備、高齢者等避難開始の情報が入った時点で避難する事にしてください。

ハザードマップは更新される事があるので見直す事もする必要があります。

災害が起こる事を想定して家族と話し合う事は大事ですが、それを予定表のように行動する事もお勧めはできない。

災害と言うのは自然が相手なので色々な事が起こり刻々と変わっていくものであり、予定表のように行動するのは返って危険だと言う事です。

実際の状況に応じた判断も重要になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました