どうする? 大学入試改革

トレンド
スポンサーリンク

来年2021年大学入試改革でセンター試験から大学入学共通テストに切り替わります。

・国立大学の試験では必須  ・私立でも9割の大学が利用

このテストに新たに記述式を導入するかを巡って大人達が議論するも結局見送りに。

翻弄された高校生たちの本音は?
どうなるんだろう?と思っており、結局何も変わらなくて、入試制度に合わせて色々準備をしていたと。混乱しているようだ。

大学入試改革の目玉の一つだったのが、国語、数学での記述式問題の導入。

ここで問題

A この人物の名前を答えなさい
B ザビエルが日本に来た目的な何ですか? 50字以内で答えない

記述式問題にはこのAのような暗記力を試される問題やBのように決められた事実を指定文字数で分かりやすく説明するもの。

C もしあなたがザビエルの布教活動をサポートするとしたら、ザビエルに対してどのようなサポートをしますか。200字以内で説明しなさい。

Cのような自分だったらどうするか?と尋ねられるような受験生によって答える内容が変わる問題も。

Cの問題はこれからの時代に必要とされる判断力が測れるといいます。Cは定まった答えはない正解のないものに対して判断したことを判断力と解釈しているようです。

高校生たちの本音
記述式には反対の声もあり、AとBの答えはハッキリするが、Cの解答で文章として書くのが無駄だなっと思ったり、または記述式で文章力を測る事も大切だと。大学に入った後の論文の文章力を問うのではないかと様々な声がある。

Cのような問題は採点の問題がある。

このような問題で答えがハッキリしているBまではほぼ間違いなく採点できるが、大変なのがC。
1番の問題点は採点が大変だっていうこと。子供達の発想はユニークなので想定外の解答 採点者を上回る解答が出てくると。

高校生達の本音
例えば採点をするのが大学生のアルバイトだったら、お金の為にやっていて、自分たちのこれからの人生がかかっている大学のテストの採点させるのは任せられない。

または面接でせればいいのに。記述にするなら話してしまえばいいなど、自分の意見に対して正解不正解とか点数化されたくない、人の心を持っていないAIに採点されるのもどうかなど。

英語民間試験の導入

共通テストのもう一つの目玉。英語民間試験の導入

改革の目標はグローバル人材育成の為子供のコミュニケーション能力を高める事。

英語民間試験導入の目的は今まで「読む」「聞く」に加え新たに「話す」「書く」の4技能に。

しかしその全てを共通テストで測るのは難しい為国は英検など複数の民間事業の試験を利用する計画を立てた。

民間試験 GTEC  TEAP  TOEFLiBT  IELTS  TEAP  ケンブリッジ英語検定  英検

しかしその決定に様々な反対の声が。
英語民間試験反対 試験によって問題違う 試験会場遠い 試験料高い 機会格差 経済格差など結果今年度の導入は見送りに。

高校生の本音
試験は同じ能力を測るなら同じ日に同じ内容で一律の基準を設けた方が良いと思っている。
住んでいる居住地での不利、有利があったりして、経済格差あったりして嫌だと。
大学入試でいっぺんにするよりは、民間試験は見てくれるのでいいなととの声も。

高校生たちの共通テストの英語に民間試験を導入することについてどう思うか?
賛成、反対は約半数で賛成が56% 反対が44%となっている。

地域によっては英語民間試験を受けれない地域がある。それは離島に住んでいる高校生だ。

離島、へき地にある高校は全国で304校もあり離島では英語民間試験を受ける事が出来ない為、試験を受ける為に海を渡って行き受ける高校生も居る。そうなって来ると移動時間、費用も結構掛かってくる。この様に様々な地域、経済格差の問題があるようだ。

このような状況で何をどう整備せればいいか高校生達の意見
PCでも英検、漢検は受ける事が出来るのでネット環境を整備して離島とかでも何処でも出来るようにせれば可能ではないか。今までに比べるとオンラインでも出来るかなと。

英検や漢検を自宅のPCで受けるにしても、例えばネット環境が整ってない、家にPCがない人がいる事も考えられるし、全ての人が全く同じにするというのも夢のような話だとも。出来る事は経済面以外はなるべく公平、皆平等にせればいいんじゃないかなとの声も。

塾に行けるか行けない子であったり、周りにどんな先生居る?とか存在している格差なので仕方ないとしても、さらに民間試験などの格差が広がるのも良くないかなと。

最低限これは平等にしてほしいと思う事
当日ののテストの採点は基準だけは公平であるべきだ。努力の数値は自分の頑張りで変えられるのでその努力が正当に評価される採点であってほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました