子供の習い事は英語とプログラミングは最強の組み合わせ

トレンド
スポンサーリンク

これから先の時代、企業はIT人材、グローバル人材を求めるようになってきます。

2030年には役79万人のIT人材が不足する見込みとなっていおり、日本国内の売り上げは頭打ちになる為、企業は海外展開を推進します。

そこで現地リーダーを任せられる人材を獲得したいのです。

英語とプログラミングのどちらか1つでもいいのですが、両方出来ると掛け合わせ効果が生まれ、より市場価値が上がります。

企業が求める人材になれたら、どのような差別化があるか。

従来の日本は、新卒ほぼ一律の初任給でしたが、昨年あたりから初任給が実力別に設定される企業が出てきました。

例えばソニーならAI(人工知能)人材の初任給を最高730万円にアップし、世間を驚かせた事があります。他にもユニクロやくら寿司、メルカリなどよく利用する企業でもこの動きが見られるます。

優秀な人材は世界レベルで獲得競争が起きているので、日本の企業も見劣りしないように世界の給与水準に合わせているみたいです。

初任給が大きくアップする可能性や海外で働くチャンスが広がる英語とプログラミングスキルを今から身につけておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました