「ガミガミ言わない」は「甘やかす」とは違います

ノウハウ
スポンサーリンク

子供に対してガミガミ言い過ぎない事はとても大切だが、それは子供を甘やかすのとは違います。

幼児期ならではの心の動きを理解して、子供をよい方向へ導く対応をする、と言う事です。
感情的に叱らないように心掛ける事は、子供を導き、その力を伸ばすばかりでなく、親自身の気持ちをリラックスさせ、落ち着いた気持ちで子供と接する事ができるようになるという大きなメリットもあります。

親の心が安定する事は、子供にもよい影響をもたらしますので、そうなれば、好循環に入ったと言えます。心身の成長についての基礎知識をもったうえで、我が子をじっくりと観察して、それぞれの子に合わせた対応を考えましょう。

子育てに対してあまりプレッシャーを感じすぎない、バランス感覚も必要です。

「ガミガミ言ってはいけない」「適切な言葉がけをしなければ」と気負うあまり、親自身が心の余裕をなくしてしまうと本末転倒です。

うっかりガミガミ言ってしまっても、すぐに優しい言葉でフォローすればいいです。そのくらいの気持ちでのびのび子育てをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました