「見守る」子育てで、頭のいい子に

ノウハウ
スポンサーリンク

親なら誰もが愛する我が子に幸せになってほしいと願うものです。それゆえに、「与えすぎ」「詰め込み過ぎ」てガミガミと子供の事を叱ったりしている親御さんが居ます。

ある塾の講師の話では、多くを与えられ、手取り足取り面倒を見てもらったお子さんは途中で伸び悩んでしまうことが多いと言う事。一方で、自由な時間を持ち、親に見守られて好きなことに熱中した経験がある子は、たとえ躓いても諦めることなくやり遂げ、成績も伸びていくという事でした。

子供の「自分軸」を育てる

これかの時代に求められるのは、自分ならではの強みを発揮できる「自分軸(自分なりの判断基準)」を持った子です。たった1つでも、「自分はこれが得意だ」と言えるものがあり、自分で考えて決断し、行動できる子が、これからの時代における「頭のいい子」だと言えるでしょう。

我が子の強み、自分軸を育てるために、親は与えすぎず、詰め込みすぎず、子供の「好き」を見つけて応援し、見守る事が大切です。どんな子も、自ら学び、成長する力を持ってます。親は子供の良きサポーターとなり、子供が幸せな人生を送れるように温かい目で見守っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました